読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

taroooyan

進捗ブログ

ArduinoとVim

Arduinoを使った開発をVimでしたい!

Arduinoとは

電子工作をやったことがある方ならきっと知っていると思いますが、Arduinoマイコンボードとプログラミング環境のことで、公式からIDEが出ており比較的簡単に電子工作をすることができます。

Vimで開発がしたい

公式からIDEが出ていてこれにはシリアルモニタやサンプルプログラムなど便利な機能があるのですが、コードを書く際にVimキーバインドなどは使えなくとても使いづらい...。 そこでVimによるArduinoの開発がしたいと思い、調べるとinoというものがあった。

インストール

※環境はMac OS 10.9.5 ※Arduino IDEを使わないにしてもinoを利用するには必要になるのでインストールしておきます。 ※最新版の1.6.5をダウンロードしてやった際にエラーが出てうまく行かなかったので、バージョンは1.0.5を推薦します。

$ easy_install ino

プロジェクトの作成

$ mkdir test 
$ cd test
$ ino init

これでtest内にsrc/とlib/というフォルダが作成されます。srcの中にあるsketch.inoにてプログラムを書きます。
試しに以下のように変更します。

void setup() {
    pinMode(13,OUTPUT);
    Serial.begin(9600);
}

void loop() {
    Serial.println("test");
    digitalWrite(13,HIGH);
    delay(3000);
    digitalWrite(13,LOW);
}

これは3秒おきにシリアルモニタにtestという表示され、Arduino unoのtxと書かれているLEDが点滅するプログラムです。

ビルドと書き込み

※今回Arduino Uno R3というマイコンボードを使用しています。

$ ino build
$ ino upload

これでArduino Uno側に書き込まれたはずです。

Guessing serial port ... /dev/tty.**** //ここは環境によって変動します。

f:id:taroooyan:20170122023543p:plain

シリアルモニタの接続方法

プログラムを書き込んだ際に

Guessing serial port ... /dev/tty.usbmodemfa131

のように表示されたとおもいます。 これに対して接続すればよいので

$ screen /dev/tty.usbmodemfa131

これで3秒おきにシリアルモニタにtestという表示され、Arduino unoのtxと書かれているLEDが点滅します。